IMG_2442-560x420

ご褒美はあっつ〜い鍋焼きうどん、丹沢・鍋割山(日帰り)

冬になり、寒波が到来して雪が降り続く日本列島ですが、やっぱり山に登りたい!!
でも雪山って怖いから、高いところはちょっと。
そこそこ登り応えがあって、景色も良くて、しかも美味しい。
そんな所はないかなと訪れたのが丹沢・鍋割山。

IMG_2443

【鍋割山とは】
鍋割山(なべわりやま)は、丹沢大山国定公園に含まれ、丹沢山地の南部に聳える標高1,273mの山です。神奈川県の中西部に位置する秦野市、丹沢山系への登山口の町であり丹沢山系から足柄平野に掛かる足柄地域に位置する松田町、足柄上郡に属し町域の大半を丹沢山地が占める山北町の市町村境に位置してます。別名、三ノ萱(さんのかや)とも呼ばれているとか。
山頂は明るく広く平らで、南から北西にかけて眺望が開け、晴れた日には裾野を広げた富士山が見えます。登山道は寄から、二俣から、大倉尾根の金冷シからなどのルートがあり、山頂の東側には鍋割山荘が建っています。
(出典:Wikipedia)

【装備リスト】
ザック:ULA(ウルトラライトアドベンチャーイクイップメント) CDT(シーディーティー)
ザックカバー:SEA TO SUMMIT(シートゥサミット)ウルトラSILバックカバーS
レインスーツ(またはハードシェル上下):MILLET カメットゴアテックスジャケット  モンベル レインパンツ
防寒着(フリース、インナーダウン等):モンベル フリース  モンベル ダウン
シャツ2枚(化学繊維、メリノウール等):IBEX Wsウーリーズ220クルー
中間着:MILLET LD MITTEL ZIP LS
トレッキングパンツ:Marmot サルエルパンツ
下着2枚
靴下2枚:Bridgedale(ブリッジデイル)ウィメンズトレッカー
帽子:ニット帽
トレッキンググローブ:HESTRA(ヘストラ)パワーストレッチ
登山靴:サロモン GUEST 4D GTX W
タオル:今治まきたおる
コンロ&燃料:PRIMUS(プリムス) ウルトラバーナーP153
クッカー:SIERRA CLUB(シェラクラブ)オリジナルシェラクラブカップ
カラトリー:ダグ ウッドスティック
ナイフ:OPINEL(オピネル) OUTDOOR No8
ライター
マグカップ
水筒(2リットル程度):Platypus(プラティパス)
食料(1日3食分と行動食)  おにぎりは忘れてもアルフォートは絶対忘れません!
ヘッドライト:PETZL(ペツル)ティカXP
腕時計
エマージェンシーキット
常備薬
日焼け止め
洗面用具
トイレットペーパー
ウェットティッシュ
地図
コンパス
トレッキングポール:FIZAN COMPACT3

装備のポイント:丹沢と言えども1,300mを超える冬季登山なので気温は0度前後になります。万が一に備えて薄手のダウンを持っていきます。
あとはカイロも持っていくと安心です。荷物が増えてもULAの軽量ザック CDTが助けてくれるので、総重量が軽くてご機嫌です。

【アクセス】
電車の場合:渋沢駅〜バス(時刻表)にて大倉山バス停
マイカーの場合:東名・秦野中井IC〜秦野戸川公園駐車場の大倉駐車場

【推奨ルート】
大倉山駐車場またはバス停→(1時間30分)→二股→(小丸尾根経由1時間50分)→小丸→(30分)→鍋割山→(後沢乗越経由1時間30分)→二股→(1時間30分)→大倉山駐車場またはバス停

【トイレ情報】
大倉山駐車場に水洗トイレがあり、その次は鍋割山荘となります。下りも同様に、山荘を出た後は駐車場までありません。

【難易度】
7時間近くの長いコースですが、健脚自慢な方なら初級者でも大丈夫です。登山道は整備されており、ルートも分かりやすいです。
長い下りで足を痛めない様に、シューズはミドルカット以上のトレッキングシューズをお勧めします。

【見どころ&ポイント】
IMG_2400
大倉山駐車場を出てすぐに案内標識があるので見落とさないように。

IMG_2401
しばらく民家をぬって歩きますが、曲がるポイントには必ず案内があって親切♫

IMG_2402
しばらく進むといつの間にか登山道へ分け入り、この鹿ネットをくぐると本格的な山登りになります。くぐったらちゃんと戻しておきましょうね。

IMG_2403
二股までは林道をひたすら歩きます。途中、神奈川県山岳連盟会長として丹沢国定公園化運動、県立登山訓練所設立に尽力された尾関廣さんの胸像や、旧登山訓練所などがあります。

IMG_2406
二股に到着!
川のせせらぎが爽やかに辺りを包んでいて、絶好の休憩ポイントです。

IMG_2418
二股で小丸尾根ルートと後沢乗越ルートに分かれます。どちらも難易度は変わりませんが、山頂でゆっくり過ごすことを優先したかったので、下山ルートが短くなる小丸尾根ルートを選びます。

IMG_2419
標高差1,000mとそれなりにあるので登りは結構キツい。。。
気がつくと無言になります。

IMG_2420
やっと小丸に到着。ここからは稜線を縦走するので景色も良くてとても気持ち良いです!
ここまでの登りは辛いけど、頑張った甲斐があったなって、きっと思います。

IMG_2421
鍋割山までの縦走路はホントご機嫌♫ 
もう鍋焼きうどんの事しか頭にありません。

IMG_2423
出たー!!
名物の鍋焼きうどん。景色もそこそこにまずはお腹を満たします。

IMG_2442
山頂からは富士山が大きく拝めるはずなのですが、この日は雲が多くて隠れてました。
でも眺望は抜群で文句なし。そして山頂の芝生でのお昼寝は最高です。

IMG_2444
鍋焼きうどんで満腹になった眠い体にムチ打って、ひたすら下ります。斜度があるので慎重に。

IMG_2445
二股へ到着。
ここに鍋割山荘から力持ちの方へのお願いとして、飲料水の荷揚げペットボトルが置いてあります。
後沢乗越経由で登る際、体力に余裕のある方はご協力を!

【立ち寄り温泉情報】
スーパー銭湯 湯花楽
綺麗で食事も出来て気持ち良いお風呂です。

IMG_2447
話題のプレミアムソフトクリーム「クレミア」食べちゃいました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP