IMG_1044-560x373

いよいよ登山シーズン!絶景が魅力の大菩薩嶺で足慣らし

一雨ごとに気温は上がり、花が咲き、日差しが暖かくなると、いよいよ登山シーズンですね!
今年はどんなチャレンジをするのでしょうか?
比較的緩やかで小走りがし易く、そしてある程度標高が高くて気持ちいい山を求めて、絶景が素晴らしい大菩薩嶺へ訪れました。

IMG_1015

【大菩薩嶺とは】
日本百名山の一つとして奥秩父山塊に位置し、大菩薩連嶺の主脈を構成しています。
名称の由来は、源義光(新羅三郎義光)が後三年合戦の際に軍神の加護を願い「八幡大菩薩」と唱えたこと、また観音菩薩が祀られている等の言われがあるそうです。
大菩薩嶺山頂は樹林帯のため眺望はありません。そのため、大菩薩嶺のみを目指して登ろうという人は少なく、多くの登山者は大菩薩峠とセットで登ります。(出典:Wikipedia)

【装備リスト】
ザック:ULA(ウルトラライトアドベンチャーイクイップメント) CDT(シーディーティー)
ザックカバー:SEA TO SUMMIT(シートゥサミット)ウルトラSILバックカバーS
レインスーツ(またはハードシェル上下):MILLET(ミレー) カメットゴアテックスジャケット
モンベル レインパンツ
防寒着(フリース、インナーダウン等):BAILO タスマニアフリース
シャツ(化学繊維、メリノウール等):ibex(アイベックス) Wsウーリーズ220クルー
中間着:MILLET(ミレー) LD MITTEL ZIP LS
タイツ:icebreaker(アイスブレーカー)オアシスレギンス
トレッキングパンツ:Marmot(マーモット) サルエルパンツ
アンダーウェア:メリノウール製品
靴下:Bridgedale(ブリッジデイル)ウィメンズトレッカー
帽子:KAVU(カブー) ストラップバケットハット
サングラス:JINS(ジンズ)
グローブ:icebreaker(アイスブレーカー) シエラグローブ
登山靴:SALOMON(サロモン) GUEST 4D GTX W
タオル:今治まきたおる
コンロ&燃料:PRIMUS(プリムス) ウルトラバーナーP153
クッカー:DUG(ダグ) ヒート1
カラトリー:DUG(ダグ) ウッドスティック
ナイフ:OPINEL(オピネル) OUTDOOR No8
ライター
カップ:SIERRA CLUB(シェラクラブ)オリジナルシェラクラブカップ
水筒:Platypus(プラティパス)
食料
ヘッドライト:PETZL(ペツル)ティカXP
腕時計
エマージェンシーキット
常備薬
日焼け止め
洗面用具
トイレットペーパー
ウェットティッシュ
地図
コンパス
トレッキングポール:FIZAN COMPACT3

装備のポイント:徐々に軽量化にチャレンジしてます。今はシューズをトレラン系のものにしたくて悩み中。また、今回から地図はiPhoneアプリのGeographicaをメインとして予備にTrailNoteで印刷したものを携帯。

IMG_1013

【アクセス】
電車の場合:塩山駅〜山梨交通バス(時刻表)にて大菩薩峠登山口下車
マイカーの場合:中央自動車道・勝沼IC〜大菩薩峠登山口〜丸川峠分岐駐車場(15台)

【難易度】
難所は無く、道も明瞭です。最も人気のある大菩薩領と大菩薩峠を回るコースでは休憩1時間を含めて6時間程の行程です。登山経験が少ない方でも無理無く登れると思います。

スクリーンショット 2015-05-05 11.33.21

【今回のルート】
大菩薩峠登山口→(1時間30分)→丸川荘→(1時間)→大菩薩嶺→(10分)→雷岩→(1時間)→福ちゃん荘→(1時間)→千石茶屋→(15分)→大菩薩峠登山口

【トイレ情報】
大菩薩峠登山口にトイレがあり、その次は丸川荘、福ちゃん荘、ロッジ長兵衛、千石茶屋、大菩薩峠登山口となります。

【見どころ&ポイント】

IMG_1014
丸川峠までの道はごく普通の登山道で、少し勾配はキツいですが、とても歩きやすいです。

IMG_1016
あの丘を越えれば、次を越えれば、、、と何度超えても現れる急斜面と格闘していると、突然開けた気持ちの良い草原へ出ます。
ここからが楽しい縦走の始まりで、大菩薩嶺の見どころだと思います。

IMG_1019
休憩ポイントの丸川荘。ここは昔ながらのランプの宿で、コーヒーがとても美味しいです。

IMG_1027
IMG_1034
丸川峠からしばらく草原を進むと、苔が綺麗な森に入ります。力強く咲く小さな花に大地の息遣いを感じますね。

IMG_1039
大菩薩嶺に到着!山頂は木々に囲まれていて眺望はありません。ランチはもうちょっと我慢して、この先の雷岩がおすすめです。

IMG_1044
雷岩からの富士山ビューを期待していたのですが、この日は午後から雨故に雲がかかって見えませんでした。残念!

IMG_1050
ランチです。この日は食品添加物や動物性原料を使用しておらず、安心して食べれるラーメンオーサワジャパン ヘルシーラーメン
色んな味があって、スープもしっかりダシが効いてます。お好みで野菜を入れると美味しいですよ!

IMG_1053
丁度ご飯を食べ終えた頃に、急に天候悪化。雷と共にひょうが降り始めました。大菩薩峠は諦め、慌てて支度を整えて下山します。

IMG_2799
まさにバケツをひっくり返した様な雨に見舞われ、福ちゃん荘へ逃げ込みました。冷えた体に甘酒が効きます。

IMG_1054
雨が上がるのを待って出発。福ちゃん荘から少し下るとロッジ長兵衛があり、ここまでは車で入れるので、こちらを起点として大菩薩嶺〜大菩薩峠を回るルートも組めます。

【立ち寄り温泉情報】
IMG_2801
大菩薩の湯
とても良い泉質で、お肌がつるんつるんになります。

今回は天気予報が見事に当たり、楽みにしていた大菩薩峠へ行けなかったのが残念です。
体力や目的に応じて多彩なコース設定が出来るので、次はファストパッキングでチャレンジしたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP