IMG_0583

谷川岳〜万太郎山縦走(日帰り) スピードハイキング

谷川岳から万太郎山へ続く逞しい稜線と、その上を巨人が小指の爪で引っ掻いたかのような登山道(上の画像がそれです)。あそこを一度歩いてみたい!と思いつつも、「日帰り登山では行動時間が長すぎる、、しかし1泊2日で行くほどの距離ではない、、、」となかなか機会を得られませんでした。そんなコースってありませんか?

そんな時こそスピードハイクの出番です。梅雨の合間に最高の晴天の下、また一つ良いコースを見つけました!

 

IMG_0541

【谷川岳・万太郎山とは】

谷川岳(たにがわだけ)は群馬・新潟の県境にある三国山脈の山である。日本百名山のひとつ。周囲の万太郎山・仙ノ倉山・茂倉岳などを総じて谷川連峰という。頂部は二峰に分かれており、それぞれトマの耳(標高1,963m)、オキの耳(標高1,977m)と呼ばれる。元来この山はトマ・オキの二つ耳と呼ばれ、谷川岳の名は隣の俎嵒(マナイタグラ)に与えられていた。しかし、国土地理院の5万分の1地図の誤記のために、トマ・オキの二つ耳が谷川岳と呼ばれるようになってしまった。なお、トマの耳には薬師岳、オキの耳には谷川富士の別称がある。広義には、一ノ倉岳などの周囲の山域も含めて「谷川岳」と呼ぶこともある。一ノ倉沢などの谷川岳の岩場は、その険しさから剱岳・穂高岳とともに日本三大岩場の一つに数えられ、ロッククライミングのメッカとなっている。また、山麓はスキーのメッカでもあり、谷川岳天神平スキー場は関東でも有名なスキー場のひとつ。冬場はスキー客と登山客が同じゴンドラで天神平を目指すことも少なくない。谷川岳ロープウェイ「てんじんだいら」駅のそばにはレストハウスがある。

万太郎山(まんたろうやま)は、群馬県利根郡みなかみ町と新潟県南魚沼郡湯沢町にまたがる三国山脈に位置する山。標高1,956mで谷川岳の支峰に属する。谷川岳の主峰・トマの耳から平標山に至る上越国境稜線のほぼ中間地点にある。登山ルートは、肩ノ小屋あるいは平標山から国境稜線をたどるほか、新潟県側の土樽から吾策新道で入山することができる。吾策新道の登山口には駐車スペースもあり、4時間前後で山頂に登れる。中央分水嶺に位置し、太平洋側と日本海側の気象の分岐点となるので、四季を通じて天候の急変に注意する必要がある。付近の宿泊施設に、無人の大障子避難小屋がある。付近には関越自動車道の関越トンネルが有り、換気塔が山腹に存在する。

 

0071_xlarge

【装備リスト】

ザック:ULTIMATE DIRECTION (アルティメイトディレクション) FASTPACK20
サングラス:OAKLEY(オークリー) Racing Jacket
靴:ALTRA(アルトラ) オリンパス1.5
ハードシェル:MONTURA(モンチュラ) SPRINT JACKET
レインパンツ:MONTURA(モンチュラ)  SPRINT COVER PANTS
ウィンドシェル:MONTURA(モンチュラ) ZERO 119 JACKET
シャツ:MONTURA(モンチュラ) OUTDOOR TRAIL T-SHIRT
アンダーウェア:finetrack(ファイントラック) スキンメッシュノースリーブ
パンツ:MONTURA(モンチュラ) FREE SYNT ROCK BERMUDA
キャップ:BUFF(バフ) Visor
グローブ(ライナー):ARC’TERYX(アークテリクス) Phase Liner Glove
靴下:DRYMAX(ドライマックス) TRAIL Maximum Protection Running 1/4 crew
カメラ:iPhone 6 Plus
スマホ防水ケース:LOKSAK(ロックサック)  防水ケース
自撮り棒:ELECOM(エレコム) 自撮棒・セルフィースティック
水筒:HYDRAPAK(ハイドラパック) ソフトフラスク SF500
水筒:Platypus(プラティパス) SOFT BOTTLE 1.0L
ツェルト(ビバーク用):SOL(ソル) ESCAPE BIVVY(エスケイプヴィヴィ)
ヘッドライト:BlackDiamond(ブラックダイヤモンド) スポット
ヘッドライト用予備電池 単4 3本
地図:山と高原地図 谷川岳 苗場山・武尊山 2015
タオル:速乾タオル フジヤマタオル
時計:SUUNTO(スント) AMBIT3 PEAK HR SAPPHIRE アンビット3ピークHR サファイヤ
その他携行品:摂取した行動食(ジェル2個、ジャム&マーガリンパン、豚カツ入りおにぎり)

装備のポイント:この日は1日中高気圧に覆われた晴天が予想された為、充分に水分を摂取できる様にまずは水場の位置(最近書かれたブログやヤマレコの記事を確認したり、付近の山小屋へ連絡して枯れていないか聞いたり)、また当日に山小屋が開いているかどうか?その小屋では飲料は何が買えるのか?をチェックする様にしています。それによって麓から担ぐべき水の量が計算できます。また500mlのソフトフラスク1本はミネラル補給用にノンカフェインの麦茶にしています。

 

【アクセス】

IMG_0517

マイカー:東京方面→(関越自動車道)→湯沢IC→JR土樽駅8:29発→(JR上越線/水上・高崎方面)→JR土合駅8:39着

JR上越線は本数が少なく、出発地点の土合駅に車を駐めた場合は土樽駅15:24発の列車に乗り遅れると、次が18:09発まで無いのでかなり不便です。その為、先に終着地の土樽駅に車を駐めました。土樽駅前は3〜4台分の駐車スペースがあります。この日は先着で1台が駐まっていました。

 

【難易度】

日が長くなっているとはいえ、標準コースタイム13時間15分を休憩込みで8時間台で歩けるかどうかが基準です。吾策新道の上部半分は崩壊が進んだ悪路の為、普通に歩くことも苦戦していました。ちなみにこの下りだけでこれまでの登山人生で経験した倍以上の回数を足を滑らせマジゴケしました。。。

 

【今回のルート】

IMG_0578

JR土合駅〜谷川岳ロープウェイ〜(西黒尾根)〜ラクダのコブ〜ザンゲ岩〜肩ノ広場〜トマノ耳〜オキノ耳〜谷川岳肩の小屋〜オジカ沢ノ頭〜小障子ノ頭〜大障子ノ頭〜万太郎山〜(吾策新道)〜井戸小屋沢ノ頭〜JR土樽駅

標準コースタイム:13時間15分 ⇒ 今回のコースタイム:8時間(休憩込み)

 

【見どころ】

0007_xlarge

JR土合駅を出発。

 

IMG_0525

西黒尾根登山道の入口です。厳剛新道の入口はさらにマチガ沢方面へ20分歩きます。厳剛新道はマイナーながら、西黒尾根よりも斜度が緩く楽に登れます。

西黒尾根から稜線に出るまではノンストップで急斜面が続きます。

 

IMG_0545

IMG_0544

IMG_0555

巨大な一枚岩の撮影スポットです。

 

0077_xlarge

途中、小さい雪渓がありましたが、アイゼン・チェーンスパイクの必要はありませんでした。

 

IMG_0561

左手が肩ノ広場、真ん中のピークがトマノ耳、右手のピークはオキノ耳。ちなみに谷川岳は双耳峰で、オキノ耳の方が若干標高が高いのです。

 

IMG_0570

開山式翌週の谷川岳山頂は予想通りの大混雑!山頂看板は記念写真を撮りたい方たちの列が出来ていましたので、横から失礼させてもらいました。

0086_xlarge

オキノ耳。ご覧の通りの快晴、ここまでの晴天は1年の内でもそう無いですよ。

 

0094_xlarge

IMG_0590

IMG_0593

0123_xlarge

 

今回の山行のダイジェスト動画です♪

 

【立ち寄りたい日帰り温泉施設】

img_0

施設名:湯沢温泉「岩の湯」

営業:9:00~21:00(最終受付時刻:20:30) 定休日:水曜日

料金:400円(税別)

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP