IMG_0803

南八ヶ岳主脈縦走(未完) スピードハイキング 日帰り

昨年、一念発起してトレイルランニングを始めた時から、夏が来たらやってみようと心に決めていた「南八ヶ岳主脈ピークハント」。ついにその日を得ることが出来ました!が天候に恵まれずあえなく途中撤退。

ですがこれまでならば1泊2日が当たり前だと思っていた赤岳登頂が、スピードハイキングならば時間的余裕を持って日帰りで行けることが分かったことは収穫でした。

 

IMG_0776

【八ヶ岳とは】

八ヶ岳(やつがたけ、八ケ岳とも表記される)は、長野県の諏訪地域と佐久地域および山梨県の境にある山塊。南北30 km余りの山体で、大火山群である。深田久弥が選定した日本百名山の一つ。

「八ヶ岳」は特定の一峰を指して呼ぶ名前ではなく、長野県と山梨県にまたがる山々の総称であるが、その範囲は「夏沢峠以南のいわゆる南八ヶ岳のみ」「南八ヶ岳及び北八ヶ岳の領域(蓼科山を除いた領域)」「蓼科山まで含んだ八ヶ岳連峰全体」など様々な定義がある。日本百名山でいう八ヶ岳は南八ヶ岳のみを指す。八ヶ岳連峰では他に蓼科山も日本百名山に選ばれている。

「八ヶ岳」の由来は、「八百万」などと同じように、山々が多く連なる様子から「たくさん」という意味で「八」としたとも、幾重もの谷筋が見える姿から「谷戸(やと)」にちなんで名づけられたとも、文字通り八つの峰に見えるからとも、複数のいわれが存在する。

赤岳を最高峰に横岳などで構成。その山容は、夏沢鉱泉と本沢温泉を結ぶ夏沢峠を境界として、北八ヶ岳と南八ヶ岳に大きく分けられる。北八ヶ岳は、樹林帯が山稜近くまで続き、また比較的なだらかな峰が多く、湖沼も点在する。一方、南八ヶ岳は、主峰の赤岳をはじめ、横岳・硫黄岳・阿弥陀岳の鋭い峰々や、横岳西面の大同心・小同心に代表される岩峰群などがあり、急峻な地形となっている。このため、日本有数のロッククライミングの岩場があり、また冬場は氷瀑のアイスクライミングでも知られる岩稜が中心となっている。このように、南北の山容は対照的である。これらのほとんどのエリアが、八ヶ岳中信高原国定公園に指定されている。

この一帯は、火山地帯のため、多くの温泉を有している。火山としての八ヶ岳は歴史時代、確実な噴火記録は残っていないが、888年に北八ヶ岳の天狗岳が崩壊し、その結果、松原湖などの湖が誕生したと考えられている。崩壊の原因は噴火とも地震とも言われているが、地震、噴火とも今もって全く証拠が見つからず、大きな謎になっている。また歴史上の記録には残っていないが、北横岳には地質的に新しい溶岩噴出があり、最近の研究では600 – 800年前の噴出と見られている。(出典:Wikipediaより)

 

IMG_0810

【装備リスト】

ザック:ULTIMATE DIRECTION (アルティメイトディレクション) FASTPACK20
サングラス:OAKLEY(オークリー) Racing Jacket
靴:HOKAONEONE(ホカオネオネ) Rapa no trail 2
ハードシェル:MONTURA(モンチュラ) SPRINT JACKET
レインパンツ:MONTURA(モンチュラ)  SPRINT COVER PANTS
ウィンドシェル:MONTURA(モンチュラ) ZERO 119 JACKET
シャツ:MONTURA(モンチュラ) OUTDOOR TRAIL T-SHIRT
アンダーウェア:finetrack(ファイントラック) スキンメッシュノースリーブ
パンツ:MONTURA(モンチュラ) FREE SYNT ROCK BERMUDA
キャップ:BUFF(バフ) Visor
グローブ(ライナー):ARC’TERYX(アークテリクス) Phase Liner Glove
靴下:DRYMAX(ドライマックス) TRAIL Maximum Protection Running 1/4 crew
カメラ:iPhone 6 Plus
スマホ防水ケース:LOKSAK(ロックサック)  防水ケース
自撮り棒:ELECOM(エレコム) 自撮棒・セルフィースティック
水筒:HYDRAPAK(ハイドラパック) ソフトフラスク SF500
水筒:Platypus(プラティパス) SOFT BOTTLE 1.0L
ツェルト(ビバーク用):SOL(ソル) ESCAPE BIVVY(エスケイプヴィヴィ)
ヘッドライト:BlackDiamond(ブラックダイヤモンド) スポット
ヘッドライト用予備電池 単4 3本
地図:山と高原地図 谷川岳 苗場山・武尊山 2015
タオル:速乾タオル フジヤマタオル
時計:SUUNTO(スント) AMBIT3 PEAK HR SAPPHIRE アンビット3ピークHR サファイヤ

その他携行品:摂取した行動食(エナジーバー4個、ウイダー4個)

 

【アクセス】

IMG_0766

マイカー:東京方面〜(中央自動車道)〜諏訪南IC〜(県道425号・県道484号)〜やまのこ村駐車場
※やまのこ村駐車場:70台 1,000円/日
電車:JR新宿駅〜(特急あずさ)〜JR茅野駅〜(アルピコ交通バス)〜美濃戸口バス停
アルピコ交通バス 茅野駅からの時刻表はここをクリック

 

【推奨ルート】

IMG_0773

やまのこ村〜(南沢)〜行者小屋〜阿弥陀岳〜中岳〜赤岳〜赤岳天望荘〜地蔵の頭(ここで撤退)〜横岳〜硫黄岳〜赤岳鉱泉〜(北沢)〜やまのこ村

※上述のルートを辿る予定でしたが、悪天候で地蔵の頭で撤退。地蔵尾根を行者小屋まで下りました。

 

【見どころ】

IMG_0806

阿弥陀岳山頂。登りの間、時折ガスの切れ間から太陽が顔を出してくれていましたが、着いた頃には眺望ゼロの濃い霧の中でした。

 

IMG_0814

中岳ゲットも感慨薄し。

 

IMG_0819

そして赤岳山頂、何にも見えません。いつの間にか標識が壊れていました。

 

IMG_0827

行動食を調達し忘れた相方はここでカレーを食す。

 

IMG_0830

横岳方面はガスが一層濃く、雨も降り出して来ました。予報では夕方に向けてさらに崩れる天気であった為、お地蔵さんと相談した結果、泣く泣く撤退することに。

 

 

【日帰り温泉】

施設名:八ヶ岳山荘

入湯料:500円

美濃戸を起点とした山行時には、やっぱりここが便が良いですよね。茅野駅から徒歩圏内には入浴施設は無いので、バス・電車利用の方の選択肢はここだけです。マイカーの場合は「樅の木荘」「金鶏の湯」もお奨めです。

 

by 陽

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP