DSCF1703

一泊二日でも北アルプスを楽しめる、全部入りの五色ヶ原〜室堂

北アルプスで、雷鳥に会えて、景観が抜群に良くて、それほどキツくないところに行きたいと言う贅沢な要求を満たす場所がありました。
薬師岳登頂の通過点として捉えられがちな五色ヶ原ですが、実は北アルプスの素晴らしい魅力が全部入りの場所です。

【五色ヶ原とは】
五色ヶ原の標高はおよそ2,500 mである。太古の昔、立山火山(弥陀ヶ原火山)の噴火により流れ出した溶岩によって形成されたといわれる。北西側は立山カルデラとなって落ち込んでいる。カルデラ壁に鷲岳、鳶山といった山がある。一帯には、高山植物が咲く。
※Wikipediaより引用

【装備リスト】
DSCF1724
ザック:ULA(ウルトラライトアドベンチャーイクイップメント)CDT
ザックカバー:SEA TO SUMMIT(シートゥーサミット) ウルトラSILパックカバー Sサイズ
レインスーツ(またはハードシェル上下):MONTURA(モンチュラ) SPRINT JACKET MONTURA(モンチュラ) SPRINT COVER PANTS
防寒着(フリース、インナーダウン等):MONTURA(モンチュラ) SKY RACE JACKET
中間着(厚手の長袖シャツ等):MONTURA(モンチュラ) FAST LIGHT HOODY MAGLIA
シャツ(化学繊維、メリノウール等):Icebreaker(アイスブレーカー) テックライトショートスリーブクルー
トレッキングパンツ :MONTURA(モンチュラ)
タイツ:Icebreaker(アイスブレーカー) オアシス レギンス
アンダーウェア:Icebreaker(アイスブレーカー)
靴下:INJINJI(インジンジ) アウトトアミッドウェイトミニクルーヌーウール
帽子:ニット帽、サンバイザー
サングラス:OAKLEY(オークリー)
グローブ : Icebreaker(アイスブレーカー)
登山靴:inov-8(イノヴェイト) TRAILROC 255
タオル:今治まきたおる
コンロ&燃料:SOTO(ソト) マイクロレギュレーターストーブ SOD-310
クッカー:EPI(イーピーアイ) ATSチタンクッカーTYPE2-L
カラトリー(スプーン、フォーク等):LIGHT MY FIRE(ライトマイファイヤー) スポーク
カップ:SIERRA CLUB(シュラクラブ) オリジナル シェラクラプカップ
ナイフ:OPINEL(オピネル) オピネル#8
ライター:百円ライター
水筒(2リットル程度):Platypus(プラティパス) プラティパス 2
食料(1日3食分と行動食)
ヘッドライト:PETZL(ペツル) ティカ XP
腕時計:CASIO(カシオ) PROTREK トリプルセンサー PRW-6000
電池
エマージェンシーキット:湿布、絆創膏、消毒液、軟膏、かゆみ止め、ポインズンリムーバー、ピンセット等
常備薬:頭痛薬等
日焼け止め
トイレットペーパー
ウェットティッシュ
地図:国土地理院2万5千分の1地形図
コンパス:SUUNTO(スント) A-10
トレッキングポール:FIZAN(フィザン) COMPACT3
寝袋:Puromonte(プロモンテ) ULコンパクトシュラフ150

装備のポイント:久しぶりの山小屋泊ですが、快適に寝れるようにPuromonte(プロモンテ) ULコンパクトシュラフ150を持って行きました。この寝袋は非常にコンパクト&軽量で、山小屋の湿った布団が苦手と言う方に人気です。寝袋に包まってから布団に入れば、暖かく快適な山小屋泊が楽しめます。

【アクセス】 ※長野県側
マイカー:長野自動車道・安曇野I.C→(一般道)→扇沢駐車場

電車:JR東京駅→(北陸新幹線)→JR長野駅→(アルピコ交通バス)→扇沢
※アルピコ交通バスの時刻表はこちら

【難易度】
黒部立山アルペンルートで一気に標高2,450mの室堂まで上がるので体力的には楽ですが、岩凌帯が続くので装備はしっかりと、経験者同伴で歩くことをオススメします。

【今回のルート】
スクリーンショット 2015-10-12 18.22.33
【1日目】1日目:室堂10:00発→浄土山→竜王岳→鬼岳→獅子岳→ザラ峠→五色ヶ原(小屋泊)15:30着
【2日目】 五色ヶ原7:00発→五色ヶ原キャンプ場→獅子岳→鬼岳→竜王岳→一の越山荘→室堂13:oo着
※ほぼ標準コースタイム通り

【トイレ情報】
室堂を出ると五色ヶ原山荘までトイレはありません。

【見どころ&ポイント】
DSCF1700

DSCF1712
(このルート魅力その1)
紅葉深まる秋の室堂は、毎年大勢の観光客が訪れる人気スポットですね。黒部立山アルペンルートを乗りついでこの地に立っただけでも来た甲斐があります。

DSCF1742
(このルートの魅力その2)
浄土山から竜王岳と続く縦走ルートは、3,000m級の山ならではのスケールの大きな景観が楽しめます。北アルプスのみならず、日本アルプスと言われるエリアの魅力は、この壮大な自然に身を置く事の心地よさによるものでは無いかと思います。

DSCF1766

DSCF1769
(このルートの魅力その3)
長年ハイキングを楽しんでいる人でも会えることは少ない雷鳥。北アルプスは出現ポイントが多いのですが、獅子岳付近ではよく見かけます。今回も会えました!

DSCF1802
壮大で素晴らしい景色を眺めながらの心躍る楽しい縦走、そしてかわいい雷鳥にも会えて、驚きと感動にはしゃいでる内に宿泊地の五色ヶ原が見えてきました。花咲く草原を木道が続き、まるで天空の楽園の様です。

DSCF1805

DSCF1835

DSCF1850
薬師岳へのピークハントを目的とするハイカーが殆どで、五色ヶ原を目的に訪れる方は少ないそうですが、五色ヶ原山荘から見渡す景色はとても美しいです。
それはカルデラ独特の地形により生み出されたものですが、山荘前のテラス席でビールやコーヒーを飲みながら、ゆっくりしてみてください。頂に立たなくても満足できるハイキングがある事に気がつく事でしょう。

DSCF1856
山荘から少し離れた五色ヶ原キャンプ場は落ち着いた雰囲気で、傾斜も少ない平地で快適なテント泊が楽します。

DSCF1868

DSCF1895
同じ道を帰るピストンですが、森林限界を超えているからでしょうか、往路とは違った景観に飽きる事なく新鮮な気持ちで歩けます。

【立ち寄り温泉情報】
薬師の湯 http://www2.plala.or.jp/yakushino-yu/

北アルプスならではの高度による景観や達成感を味わい、雷鳥にも会えて、いいとこ取りの一泊二日。毎年訪れたいルートの一つです。

By KAZU

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP