IMG_1519

OMM JAPAN 2015 TSUMAGOI

OMM JAPAN 2015を堪能してきたぞーーーっ!

 

IMG_1527

OMM JAPANと言うのは1968年からイギリスでは毎年開催されている山岳マラソンの日本大会で、最近?オリエンテーリングとかアドベンチャーレース、ロゲイニングと様々な呼び名で人気を集めているアウトドアスポーツカテゴリーの一大イベントです。テントやシュラフ、2日分+緊急時用の食料も担いでチェックポイントを回りながら1日ごとに決められたゴールを目指します。

今年は11月14日(土).15日(日)で群馬県嬬恋村を舞台に行われました。

 

OMM JAPAN 2015

スタート地点で画像の地図(国土地理院の25,000分の1地図に少し手を加えたもの)が配られ、参加者は地図読みスキルと普段の登山やトレイルランニングで鍛えた登坂力・走力を発揮して、丸印の中心に置かれたコントロールポイントと呼ばれるチェックポイントを探し、制限時間内により多くのポイントを獲得した者の勝ち!と言う競技。(←ストレート・スコアと二種あるカテゴリーの内、私たちが参加したスコアの場合。)

 

IMG_1535

初日のスタート地点。なんと週末予報がピンポイントで雨!そしてやっぱり当日は雨!!

 

IMG_1528IMG_1538

スタート早々、凡ミス2連発。。。

その1、初参加にも関わらず事前に大会マニュアルをほとんど読まずに参加してしまった為、地図上のスタート地点の場所を誤認し、すごーくイージーなコントロールポイント探しに30分も掛けてしまった。。。

その2、「とりあえず登っとこ」的な登山者魂で、この後の走路計画を立てずに一目散にピークを目指してしまったが、よくよく考えるとポイントの多くが麓に固まっていたというオチ。。。結果、体力だけ使ってほとんどポイントを回れませんでした。。。

その後も、無謀な直線ルートにこだわった藪漕ぎで精神力とウェアをガンガン消耗し、トドメは道から少ししか外れていないポイントだからとコンパスを合わせずに勘だけで藪に入り、結果見つからず、、その分のタイムロスが響き、ゴール時間に間に合わず2分遅刻で減点。。。と惨敗な初日でした。

 

IMG_1525

初日の宿泊はバラギ湖前のキャンプ地です。OMMルールでは2人で1つのテントをシェアします。私がテントを担ぎ、相方が食料を担ぐ。そんな感じでシェアできる装備は分担することで少しでも荷物を軽くするのがポイント。

 

IMG_1524

この日は悪天候の割に気温は高く、就寝時で5℃、一番冷え込んだ時でも2℃程度でした。

寝具は、OMM Mountain Raid1.6にSOLのエマージェンシーライトビヴィ、エクスペドのSYNMAT WINTERLITE M。

ウェアはあらぺると一押しの「マウンテンハードウェアのゴーストウィスパラーフーデッドジャケット」に、マウンテンイクイップメントのダウンパンツ「パウダーパンツ70」の超快適セットで暑いくらいでしたね。

 

IMG_1529

2日目は宿泊地からスタート。この日も予報通りのバッチリ雨!それにしてもこの雨クドイ!!

 

IMG_1534

2日目のゴールはパルコール嬬恋リゾートのゲストセンターです。最後の最後で晴れ間が出ました!地味ぃ〜なゲレンデの登りにやられながらもテンションは上がりましたね☆

この日の結果は、、、私たちにしてはまずまずでしたよ。初日の反省は全て活かせましたので。

一つ、登山じゃないので登ることばかり考えない!

一つ、熊笹の藪を漕いだらドハマりするよ!

一つ、一人が思考停止している時はもう一人がルートを考える。すなわちお互いの顔を見ながら行動する!

一つ、近距離でも油断しない、常にコンパスを合わせて進む。感覚は当てにならないぞ!

普通に考えるとどれも当たり前のことばかりです。

 

IMG_1537

悪天候からの最後に太陽、素晴らしいお膳立てのようなエンディングもあり、最高に最高な期待通りの大会でした!

大会関係者の方々、お疲れ様でした!また来年もぜひ参加したいと思います♫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP