IMG_3699

新緑とツツジが爽やかにそよぐ、秩父・二本木峠&皇鈴山 日帰り

朝のんびり起きて、近所のカフェでアイスコーヒーを飲んでから、ゆるーくハイキングもなんてどうでしょう。
東武東上線・小川町駅 10時12分発のバスに乗れれば楽しめます。

【皇鈴山(みすずさん)とは】
埼玉県の秩父に位置する外秩父七峰のひとつで、標高は679m。山頂には東屋があり、とても広々とした気持ちの良い雰囲気が素敵です。皇鈴山には日本武尊伝説が残されています。

【装備リスト】
ザック:ULA(ウルトラライトアドベンチャーイクイップメント)CDT
ザックカバー:ULA パックカバー
レインスーツ(またはハードシェル上下):MONTURA(モンチュラ)SPRINT JACKET MONTURA(モンチュラ)SPRINT COVER PANTS
防寒着(フリース、インナーダウン等):MOUNTAIN HARD WEAR(マウンテンハードウェア)ゴーストウィスパラーダウンジャケット
中間着(厚手の長袖シャツ等):MONTURA(モンチュラ)FAST LIGHT HOODY MAGLIA
シャツ(化学繊維、メリノウール等):icebreaker(アイスブレーカー) オアシスロングスリーブクルー
トレッキングパンツ :MONTUTA(モンチュラ) FREE SYNT UP SHORTS
タイツ:なし
アンダーウェア:Icebreaker(アイスブレーカー)
靴下:INJINJI(インジンジ) アウトトアミッドウェイトミニクルーヌーウール
帽子:icebreaker(アイスブレーカー) ポケットハット
サングラス:OAKLEY(オークリー)
グローブ :icebreaker(アイスブレーカー) シエラグローブ
登山靴:SALOMON(サロモン)X ULTRA 2 GTX
タオル:今治まきたおる
コンロ&燃料:SOTO(ソト)マイクロレギュレーターストーブ ウィンドマスター SOD-310
クッカー:SIERRA CLUB(シェラクラブ) オジリナルシェラカップ
カラトリー(スプーン、フォーク等):LIGHT MY FIRE(ライトマイファイヤー) スポーク
カップ:シェラカップが兼用
ナイフ:OPINEL(オピネル) オピネル#8
ライター:百円ライター
水筒(2リットル程度):Platypus(プラティパス) ホーサー 1.8L
食料(1日3食分と行動食):おにぎり、ジェル、チョコバー等
ヘッドライト:PETZL(ペツル) ティカ XP
腕時計:CASIO(カシオ) PROTREK トリプルセンサー PRW-6000
電池
エマージェンシーキット:湿布、絆創膏、消毒液、軟膏、かゆみ止め、ポインズンリムーバー、ピンセット等
日焼け止め
キッチンペーパー
ウェットティッシュ
地図:国土地理院2万5千分の1地形図
コンパス:SILVA(シルバ) レンジャーNo3
トレッキングポール:持参せず
装備のポイント:行動時はメリノウール。中間着には極薄パイルのMONTURA(モンチュラ)FAST LIGHT HOODY MAGLIAを選択。気温は20度前後で快晴でしたので丁度良かったです。

【アクセス】
行き:東武東上線小川町よりイーグルバスで20分、打出バス停下車。土日と平日でダイヤが異なるので注意。イーグルバス時刻表
帰り:寄居駅より東上線。
マイカー:小川町駅周辺のコインパーキングを利用。

【難易度】
初心者から楽しめるコース。道も明瞭で歩きやすく、標識を見落とさずに進めば迷うこともありません。

【今回のルート】
fスクリーンショット 2016-05-22 20.04.51

【日帰り】打出バス停10:40発→二本杉峠11:40→皇鈴山12:00→(昼食)→釜伏峠14:00→寄居駅16:00着
※標準コースタイム通り

【トイレ情報】
バス停、および定峰峠にあり。

【見どころ&ポイント】

(このルートの魅力その1)
IMG_3703

IMG_3701

IMG_3712
皇鈴山の山頂がとても広くて展望抜群です。
関東平野と秩父山脈が一望できるので、ゆっくりランチを楽しむことをお勧めします。

(このルートの魅力その2)
IMG_3699
二本杉峠に咲くツツジと新緑のコントラストが美しく、春を全身で感じることができます。
見頃は5月の中旬くらいだそうです。

下山口から寄居駅まで1時間半ほど舗装道を歩きます。
面倒ならば日本の里 風布館へ下って、タクシーを呼んでも良いかもしれません。

【立ち寄り温泉情報】
立ち寄り温泉はみつけることが出来ませんでした。

By KAZU

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP