IMG_0488

草津白根山 日帰りハイキング

首都圏近郊の百名山ながら、高速を降りてからの一般道の長さからついつい敬遠してしまうのが、この草津白根山。なんせ約60km・1時間30分は掛かりますからね。その分、登山後の温泉は名湯草津の湯が楽しめる訳ですが。

スキーでも敬遠し続けてきたこの山に初めて行ってみました。

IMG_0480

【草津白根山とは】

本来は白根山が正式名称であるが、他の白根山と区別するため、草津を配して呼ばれる。また、近隣の逢ノ峰と本白根山を含めた三山の総称とすることもあり、この場合は標高2,171mの本白根山が最高峰となる。山頂付近は白い山肌が広がっているのが特徴であるが、1882年の噴火以前は火口付近まで緑が広がっていたという。山頂付近には複数の火口湖が形成され、湯釜、水釜、涸釜と呼ばれている。かつて、山腹にはいくつかの硫黄鉱山が存在し、鉱山跡が現在も残っている。

湯釜(ゆがま)は、直径約300m、水深約30m、水温約18℃の火口湖である。pHが1.0前後であり、世界でも有数の酸性度が高い湖と言われている。これは火山ガスに含まれる塩化水素や二酸化硫黄が水に溶け込み、塩酸や硫酸となったためと考えられている。湖水は白濁した青緑色をなしており、水に溶け込んでいる鉄イオンや硫黄などの影響で特定の波長の光が吸収されてこのように見えると考えられている。湖底や沿岸には硫黄が沈殿しており、戦前から1960年頃まで鉱山会社によって採取されていた。同時に噴気孔から噴出する硫黄分を含む蒸気からの硫黄採取も行われており、湖岸には硫黄運搬用のトロッコやリフトが敷設され、事務所や作業所が立ち並んでいた。噴火にともなう高温の蒸気やガスによって鉱山労働者に死傷者が出ることもしばしばあったという。火口縁には湯釜を望む展望台が設置されている。なお、後述の噴火警戒レベルの引き上げに伴い、2014年6月3日以降は湯釜の周辺への立ち入りができなくなっており、周辺の道路にも「湯釜は見れません」という案内が出ている。

草津白根山では、気象庁が運用を開始した2007年12月1日から噴火警戒レベルが設定されている。群馬県と草津町はレベル1(平常)の段階でも第1次規制として山頂火口の湯釜から半径500メートル以内に立ち入り制限をかけ、当初は夏場の観光シーズンにのみ規制緩和して河口縁の展望台まで続く歩道を開放していた。しかし、2009年4月10日に半径500メートル域内のごく小規模な火山灰の噴出などへの警戒を呼びかける噴火予報が発表され、その後火口内で新たな噴気が確認されたことから、2010年4月8日開催の草津白根山防災会議協議会において、第1次規制の継続と当面の間緩和措置を見送ることが決定された。2014年3月から湯釜周辺で火山性地震が増加し、4月頃からわずかではあるが山体の膨張を示す変動が観測された。その後も様々な火山活動の活発化を示す兆候が現れてきたことを受け、2014年6月3日に気象庁は噴火警報を発表し、噴火警戒レベルを「レベル2(火口周辺規制)」に引き上げた。これを受け、即日群馬県は国道292号の草津町殺生河原駐車場前から嬬恋村万座三叉路までの8.5キロメートルを通行止めにし、草津町と嬬恋村は第2次規制区域内の登山道を立ち入り禁止とした。その後、同年6月14日に規制が緩和されて、日中に限り国道292号の通行は可能になったが、山頂付近は駐停車禁止となっており、駐車場や売店も閉鎖されたままである。(出典:Wikipediaより)

 

IMG_0479 2

【装備リスト】

ザック:MountainHardwear スクランブラー RT35 アウトドライ
サングラス:OAKLEY(オークリー) Racing Jacket
靴:Salomon(サロモン) X Ultral 2 GTX

ハードシェル:MONTURA(モンチュラ) Magic G Jacket
レインパンツ:THE NORTH FACE(ノースフェイス) Climb Very Light Pant
フリース:MONTURA(モンチュラ) Fast Light Hoodie Maglia
シャツ:MountainEquipment SSギンガム チェック シャツ
アンダーウェア:Millet(ミレー) ドライナミック メッシュ NS クルー
パンツ:MARMOT(マーモット) Urban Stride Pant
キャップ:Patagonia(パタゴニア) DuckbillCap
グローブ:MAMMUT(マムート) Runbold Glove Men
靴下:THE NORTH FACE(ノースフェイス) Comfort Fastpacking DRY

細引き:7mmロープ × 7m

カメラ:Canon(キャノン) 80Dボディ
レンズ:Tamron(タムロン) 16-300mm F/3.5-6.3 Di Ⅱ VC PZD MACRO
スマホカメラ:iPhone SE
スマホ防水ケース:LIFEPROOF NUUD

ヘッドライト:Milestone(マイルストーン) MS-B1
ヘッドライト用予備電池 単4 × 3本

スタッフサック:SEA TO SUMMIT(シートゥーサミット) ウルトラSILナノドライサック
タオル:速乾タオル フジヤマタオル
タオル:PackTowel(パックタオル) Personal
時計:SUUNTO(スント) AMBIT3 PEAK HR SAPPHIRE アンビット3ピークHR サファイヤ

地図:山と高原地図 志賀高原2016(iPhoneアプリ)

その他携行品:行動食、昼食、エイドキット

持ち物のポイント:仕事柄、一眼レフカメラを持って山に行くことが多いのですが、「今日は雨が降りそうだな。」なんて日にはマウンテンハードウェアのアウトドライ素材を使用した防水ザックが重宝します。アウトドライは防水透湿性素材なので、例えばターポリンの様なビニール系の防水ザックにありがちな、結露が発生することもなく安心なんです。数時間、稜線で風雨に晒される状況では、ザックカバーも意味をなさなかったりするんですが、どんな環境でもアウトドライのバックパックって信頼できるんですよね。

 

【アクセス】

IMG_0507

マイカー:関越自動車道 渋川伊香保ICから約60km(約90分)
※一番上にある殺生駐車場は200台収容可能

 

【今回のルート】

IMG_0517

ロープウェイ山麓駅〜(清水沢コース)〜ロープウェイ山頂駅〜本白根山〜鏡池〜ロープウェイ山頂駅
合計4時間30分(昼休憩込み)※山頂からの下りはロープウェイを利用。

 

【見どころ】

IMG_0456

山麓駅駐車場から、むくむく育つ草花で埋もれそうになる登山道を登っていきます。10:30と遅い登り始めだったこともあって、登山道で上がっていくのは私たちくらいでした。殺生河原と呼ばれるだけあって、風向きによっては強い硫黄臭が漂ってきます。

 

IMG_0477

登りはロープウェイを使わずに清水沢コースを上ります。ゲレンデの斜度を直登するので、ゆっくり景色を楽しみながら進みましょう。今の時期は多くの草花が生えているので、眺めながら歩くだけでも気が紛れます。

IMG_0485

ロープウェイ山頂駅手前から、今登ってきた道を振り返ったところです。道中、下から厚いガスが上がってきていました。完全に真っ白になる前に本白根山山頂に立ちたかったので、あまり休憩を取らずに先を急ぎました。

 

IMG_0464

ガスが掛かる前に山頂に着きたかったので、リフトに乗ってショートカットです。夏場に乗るリフトって気持ち良いんですよね。

 

IMG_0488

大きな火口の向こうに見えるのが草津白根山系最高峰の「本白根山」(標高2,171m)。

 

IMG_0498 IMG_0501

火口周りは一面のコマクサ大群落です。ここまで広範囲に咲き散らしているコマクサは他では見れないです。それもそのはず、噴火で一旦絶滅しかけたコマクサを地元の方々の活動で復元・植栽されたものなんです。

コマクサ…
美しい花と、常に砂礫が動き、他の植物が生育できないような厳しい環境に生育することから「高山植物の女王」と呼ばれている。和名はその花の形が馬(駒)の顔に似ていることに由来する。学名の種小名「peregrina」は、「外来の」を意味する。命名者Makinoは、日本の植物学者の牧野富太郎である。別名が「カラフトコマクサ(樺太駒草)」。英名は存在しない。花言葉は、「高嶺の花」・「誇り」・「気高い心」・「貴重品」。(出典:Wikipediaより)

 

IMG_0511

本白根山山頂。ゆっくり休めるスペースがあります。

 

IMG_0513

本白根山山頂からの景色。

IMG_0519

【おすすめ日帰り温泉】

o0720040511972123206

施設名:草津温泉「大滝乃湯」

開館時間:午前9時から午後9時まで
※最終入館は20時まで

入湯料:大人900円/小人400円

駐車場も広く、休憩室・仮眠スペース・貸切露天風呂と施設が充実しています。草津の湯畑にも徒歩圏内なので、湯上りに足を伸ばしてみたら良いでしょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP