DSCF2404

通勤ラン、実はこんなに効率的なんです。

最近、通勤ランを始める方が増えてきて、それに伴いギアの相談に来られるお客様がいらっしゃいます。
当店はスピードハイキングを推奨しているので、軽やかに歩くためのギアや使い方をお伝えするのが基本ですが、
日頃のトレーニングとしてのランニングは、欠かせない要素の一つです。

ところがいざ走ろうと思っても、その時間を取るのって意外と難しいんですよね。
週末は山に行きたいし、平日は仕事で帰りが遅く、家についたらぐったりして走る気力も無い。

そんな時は通勤ランにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

会社へ行く時は、軽量のスタッフサックにザックとシューズ、ウェアを詰めて出かける。
帰りは、スーツや通勤カバンをザックへ入れて走って帰ってきます。

例えば、電車通勤と通勤ランを比較してみるとこんな感じです。

電車で帰宅 : 自宅から駅まで徒歩10分、電車で20分、下車駅から会社まで10分。
電車の待ち時間を入れると合計50分、移動距離は20Km。
18時に会社を出て、自宅に着くのが18時50分。それから18kmを時速10Kmで走ると、トレーニング終了は20時38分。

通勤ラン  : 自宅から会社まで道路を使うと直線的に移動できるので、18Kmだとしたら、時速10Kmで1時間48分。
18時に会社を出て、トレーニング終了は19時48分。

単純な比較ではありますが、時間を賢く使うには、通勤ランの方が良さそうです。

そんな通勤ランにお勧めのザックがこちら。
角ばった通勤カバンや革靴を入れても余裕のサイズ、ベストタイプなので体にぴったりフィットして荷物が揺れない、走りやすいザックです。

荷物が多めの方は30Lタイプもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP