img_4995

FASTPACKで行く、初冬の丹沢・表尾根縦走

丹沢でも人気の表尾根縦走コースへ、ULA/FASTPACKのテストを兼ねて行ってきました。

この時期の丹沢は人手もやや落ち着いていて、静かなハイキングが楽しめます。
晴れた日には雪化粧した大きな富士山が拝める、初冬の丹沢が好きです。
img_4997

【丹沢・塔ノ岳とは】
塔ノ岳(とうのだけ)は丹沢山地の南部にある標高1,491 mの山。神奈川県秦野市、愛甲郡清川村、足柄上郡山北町の境目に位置する。
関東山地を構成する丹沢山地の一角をなし、丹沢大山国定公園に属す。山頂周辺はシカの食害が問題となっている。
丹沢修験道の要であり、塔ヶ岳・御塔・尊(孫)仏山(そんぶつさん)など多くの呼称を持つ。中近世には近郊農村の雨乞いの場として、或いは露天賭博の場としても賑わった。かつて山頂には別称の尊仏山の由来となった尊仏岩があり、お塔と呼ばれ信仰されていた。塔ノ岳の山名はその塔に由来する。なお、山頂に建つ山小屋「尊仏山荘」の名もこの岩に由来している。この岩は関東大震災の余震である丹沢地震 (M 7.3) で大金谷へ転落し現存しない。
頂上からの展望がとてもよく、天気がよければ富士山や南アルプスまで望むことができる。また首都圏に近く交通の便がよいため登山者に人気がある。北に丹沢山、東には新大日、南西には鍋割山などの山が位置する。登山者の増加により大倉尾根の侵食裸地化が問題となっており、植生復元の試みがなされているが、悪化する一方である。
※Wikipediaより引用

【装備リスト】
ザック:ULA(ウルトラライトアドベンチャーイクイップメント)FASTPACK
ザックカバー:SEA TO SUMMIT(シートゥーサミット)ウルトラSILパックカバーXS

レインスーツ(またはハードシェル上下):MONTURA(モンチュラ)SPRINT JACKET、MOUNTUA(モンチュラ)SPRINT COVER PANTS
防寒着(フリース、インナーダウン等):MONTURA(モンチュラ)GENESIS JACKET
中間着(厚手の長袖シャツ等):MONTURA(モンチュラ)ARTIC STRETCH HOODY MAGLIA
シャツ(化学繊維、メリノウール等): icebreaker(アイスブレーカー)ゾーンロングスリーブクルー
パンツ :MONTURA(モンチュラ)EVOQUE PANTS
アンダーウェア:Icebreaker(アイスブレーカー)
靴下:INJINJI(インジンジ) アウトトアミッドウェイトミニクルー

帽子:MONTUAR(モンチュラ)MUSTANG
サングラス:OAKLEY(オークリー)フロッグスキン

グローブ :MAMMUT(マムート)ランボールドグローブ

シューズ:FIVETEN(ファイブテン)Camp4

コンロ: SOTO(ソト)マイクロレギュレーターストーブ ウィンドマスターSOD-310
クッカー:Charles A Hill (チャールズ A ヒル)パイントロッキーカップ
カラトリー:WILDO(ウィルドー)SPORK
カップ:WILDO(ウィルドー)FOLD-A-CUP
ナイフ:OPINEL(オピネル) カーボンスチールナイフ No8
水筒:THERMOS(サーモス)真空断熱ケータイマグ JNL-500、platypus(プラティパス)PLATY 2L BOTTLE

ヘッドライト:milestone(マイルストーン)MS-B1
腕時計:CASIO(カシオ) PROTREK トリプルセンサー PRW-6000
カメラ:iPhone
バッテリー:Anker Power Core+ 10500
コンパス:SILVA(シルバ) レンジャーNo3
タオル:AIRMONTE(エアモンテ)今治まきたおる

ビバーク用:finetrack(ファイントラック)ツェルト2ロング、SOL(エスオーエル)ヒートシートサバイバルブランケット2人用

スタッフサック:OUTDOOR RESEARCH(アウトドアリサーチ)BACKCOUNTRY ORGANIZER#3、GRANITE GEAR(グラナイトギア)AIR ZIPSACK

食料:お弁当、エナジージェル

地図:国土地理院2万5千分の1地形図

ファーストエイドキット:三角巾、包帯、テーピング、滅菌ガーゼ、止血セット、絆創膏、軟膏、かゆみ止め、ポインズンリムーバー、ピンセット、ハサミ等
日焼け止め
キッチンペーパー
ウェットティッシュ
予備電池

装備のポイント:今回はMONTURAの秋冬用パンツ・EVOQUE PANTSを着用。裏起毛が施された薄手の秋冬パンツで、繊維間に空気の層を作って薄手ながらも保温性抜群のTHERMOLITEと、防風・撥水・ストレッチ性に優れたAIR BISTRETCHの組み合わせが絶妙です。細身でとてもすっきりしたシルエットが格好いいです。ストレッチはもちろん、ウェストはドローコードで調整、ポケットは左右と右腰に装備、裾幅はファスナーで調整可能と機能的。そして薄さの割には暖かく、風が吹いても寒さを感じません。あくまで感覚ですが、アンダータイツを履かなくても外気温5〜15℃あたりの広い範囲で使えると思います。汗抜けも良いので冬のランにも良いでしょう。
evoque-pants
身長175cmでMサイズ着用。

【アクセス】
マイカー:東名高速秦野中井IC 〜(一般道45分)〜 ヤビツ峠駐車場

電車:小田急電鉄小田原線秦野駅〜(神奈川中央バス48分)~ ヤビツ峠 ※バス時刻表

秦野駅からヤビツ峠行きのバスは混雑状況により臨時便が運行されます。頑張って7時台のバスに乗れば、余裕をもって行動できるでしょう。標準で7時間と長いので、下山時間を考慮して遅くとも9時にはヤビツ峠を出発する様にしましょう。

【難易度】
登山道はとても整備されていて歩き易いですが健脚者向けです。途中鎖場もありますので、初心者は経験者の方に引率してもらいましょう。

【今回のルート】
日帰り:ヤビツ峠 〜 二ノ塔 〜 三ノ塔 〜 鳥尾山 〜 行者岳 〜 塔ノ岳 〜 大倉 標準コースタイム7時間00分

【トイレ情報】
バス停及び小屋にて利用可能。但し、小屋の営業時期には注意してください。

【見どころ&ポイント】
img_4864
ヤビツ峠駐車場はこの時期でもほぼ満車。そしてバスは超満員で、必死につり革にしがみついたので既に腕が筋肉痛。

img_4876
登山口までは25分ほど車道をあるきます。

img_4952
登山道へ続く林道入り口。

img_4987
体が温まった頃に登山口到着。

img_4990
二ノ塔までは1時間少々の登りですが、斜度は緩やかで木漏れ日が気持ち良い道がつづきます。
丹沢では森の再生事業が行われていて、広葉樹の植樹の為に針葉樹を伐採、その際に苗木が鹿などの動物に食べられない様に植生保護柵を設置しています。その様子が至る所で見れるので、森と人との関わり方を学びながら登ると言うのもよいかもしれません。

img_4994
森林を抜けて二ノ塔まで来ると一気に視界が開けます。

img_4996
そして軽く下って登ると三ノ塔。三ノ塔休憩所は無人小屋でトイレはありません。

img_4997
三ノ塔からは南アルプスや富士山、そしてこれから登る丹沢表尾根の大展望が拝めます。ダイナミックな景観をしばらく堪能しつつ、しっかり休憩。

img_5043
三ノ塔からはまた下ります。一箇所だけ高度感のある岩場があるので慎重に。

img_5049
そしてまた登ると鳥尾山に到着。

img_5056
鳥尾山から少し歩くと鎖場があります。足をかける所はしっかりしてるので、確かめつつゆっくり下りましょう。

img_5057
しばらく歩くと新大日茶屋へ到着。この辺りで早めのランチをする方もいらっしゃいます。

img_5058
新大日茶屋から少し歩くと木ノ又小屋があります。
有人ですが、布団付き素泊まりのみのランプ小屋です。

img_5059
ここまで来ると塔ノ岳まではあともう一息。稜線の快適な登山道が続きます。

img_5061
塔ノ岳到着!雲が出てきて富士山は隠れてしまいましたが、皆さん広い山頂でランチを楽しんでいました。

img_5073
塔ノ岳からは大倉尾根を下ります。通称バカ尾根と言われる道です。急斜面に木製の階段が続くので、確かに登りはしんどいです。
でもこの木製の階段は非常に重要で、近年の登山者増による登山道の侵食を防ぐ為に、莫大な費用と手間をかけて整備しているのだそうです。ありがとうございます。

【立ち寄り温泉情報】
広くて綺麗なスーパー銭湯の湯花楽がおすすめです。
バスは白山塚バス停で下車。
http://www.yukaraku.com/hadano/

fastpack
今回使用した ULA(ウルトラライトアドベンチャーイクイップメント)のFASTPACK。
あらぺると特注の仕様でチェストストラップを2本にしており、骨格の細い日本人でもフィットする様に改良しています。
先日OMMレースでも使用しましたが、8kg程度のパックウェイトで走っても揺れが少なく、とても快適に背負えました。
25Lのメイン荷室ですがロールトップなので15Lの伸長が可能。ストラップを調整すれば荷物が少ない日帰り登山でもしっかり纏められます。
日帰りからウルトラライトのテント泊まで、守備範囲の広いベスト型のバックパックです。

By KAZU

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP